VMware

現象

前提

・windows10

・VMware14

現象

VMware14でいつも通り作業を行っていると、winndowsアップデートを行った日を境に仮想環境を起動できなくなった

厳密にいうと起動することはできるが、コンソールにログイン画面が表示されず黒い画面のまま固まってしまっている

対応としてはVMwareをタスクマネージャーから終了し、「C:\Users\hoge\Documents\Virtual Machines\CentOs7」に存在する「.lck」ファイルを全て削除しwinndowsを再起動することで起動することができた

しかし、上記の対応を仮想環境をつけるたびに行わないといけないため手間がかかる

解決方法

https://www.vmware.com/jp/products/workstation-player/workstation-player-evaluation.html

上記のURLより最新のVMware15.5をダウンロードし、アップデートを行う

アップデート作業はインストールの時と変わらない

既にVMware14をインストールしている場合はアップデートをしてくれる

おすすめの記事