【Xserver】Larevelをxserverにデプロイする方法

経緯

GitHubで管理しているLaravelのプロジェクトを本番環境であるXserverにデプロイ。

手順やディレクトリの階層等をメモ

手順

環境

■PHP 7.3.4

■Laravel 5.8.19

■node v12.5.0

■npm 6.9.2

ディレクトリの状態

※簡略化して記載しています

home/
 └ サーバー名/
    └ドメイン名/
                    └public_html/
                      │        └ public(シンボリックリンク)/
                 
               │            └ .htaccess
                      └project(新規作成)
                               └project-laravel(GitHubよりpull)

0.node.jsの導入

下記のサイトを参考にする

➡XSERVER(エックスサーバー)にNode.jsをインストールするときはnodebrew使うと楽

1.GItHubよりpull

public_htmlと同じ階層にprojectディレクトリを作成し、

そこにGitHubよりプロジェクトをpullしてくる

2.シンボリックリンクの作成

home/サーバー名/ドメイン名/project/project-laravel/public

へのシンボリックリンクを

home/サーバー名/ドメイン名/public_html

に作成する

3..htaccessの作成

home/サーバー名/ドメイン名/public_html に .htaccess を作成する。

 

これでGitHubからのPullを行った場合のLaravelのディレクトリの設置は完了。

あとは初期導入時のエラーが出てくると思うのでそれらを解決すれば動く。

参考サイト

➡.htaccessリダイレクト ディレクトリを1つ持たせたい時 例

➡gitを使ってエックスサーバーでLaravelアプリをデプロイする

おすすめの記事