winscpでローカルの仮想環境とのファイルを自動で同期する方法

経緯

ホストOSにリモートサーバーのgitの最新をpullして、それを仮想環境のゲストOSに上げて、ローカル内のホストOSと仮想環境のゲストOSで開発を進めていくという開発環境。

なので、ファイルの編集をするときはホストOS側のファイルを編集してから、winscpで仮想環境のゲストOSと接続し、編集したファイルを上げなおす必要があります。

ただ、毎回毎回編集する度にwinscpで上げなおすのかなり手間。

そこでこれを自動的に行ってくれないかと思い、調べた結果簡単にホストOSと仮想環境のゲストOSを同期させることに成功しました!

これで1日何回も開いては上げなおすという作業から解放される。。。

参考サイトを参照すれば簡単にできます。

参考サイト

➡WinSCPでローカルとサーバの方向を間違えずに同期しよう

おすすめの記事